管理人のゆりです。

2019年10月5日リニューアルオープンしたヤンマーミュージアムへ家族で行ってきました!

3歳と1歳の息子も大人も思いのほかとっても楽しめたので、どんな感じだったのか紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

ヤンマーミュージアムって?

「ヤン坊、マー坊、天気予報!」でお馴染みの農機具などを作るヤンマー株式会社のミュージアムです。創業者山岡孫吉の生誕の地が滋賀県長浜市であることから、ここにヤンマーミュージアムができたようです。

YANMAR MUSEUM (ヤンマーミュージアム)

開館時間 10:00-18:00 (入館受付 9:45-17:00)

休館日  毎週月曜日※月曜日が祝日の場合は翌平日
     年末年始

入館料金 大人600円、小中学生300円、未就学児無料

所在地  滋賀県長浜市三和町6-50

駐車場はミュージアムのすぐ隣にあるんですが、いっぱいのときは近くの臨時駐車場を案内されます。

土日祝日は長浜駅前からシャトルバスも出ているようです。

入場は予約優先制なので、ヤンマーミュージアム公式サイトから事前予約することをおすすめします。

スポンサーリンク

ヤンマーミュージアム感想

3歳と1歳の息子を連れてリニューアル初日に行ってきました!

事前予約をしていたので、すんなり入れましたが、予約をしていなくても、特に入場制限はしていなかったみたいですね。

 

まず、入場の時にYカードというQRコードが印字されているカードをもらえます。

ミュージアム内で体験やゲームなどするときはこのQRコードをかざして、ポイントをどんどん貯めていくという感じです。

 

最初に「わくわく!チャレンジシアター」で創業者山岡孫吉のストーリーを見るんですが、これがもう思いのほかハマりますね。

大人でもチャレンジ精神をくすぐられるというか、まだワクワクするような気持ち持ってたんだとか、ヤンマーって素敵な会社だなー、孫吉かっこいい人生だなー、なんて思って、オープニングでガツーンと心奪われます。ヤンマーさんの術中にはまりました。

 

オープニング映像を見終わって中に入ると、チャレンジエリアが広がっていて、小さい子から大人まで楽しめるようなコーナーがたくさんありました。

1歳の息子でも「キッズエナジーアスレチック」や「わくわく!チャレンジシアター」でたっぷり楽しんでました。

3歳息子は「ざくざく!パワーショベルチャレンジ」とか「フットボールチャレンジ」とかひととおり体験できて満足してました。

2階には足湯もあって、イベントとかで使われていなければお弁当を食べるスペースもありました。

 

改善してほしい点も正直言うとちょこっとあって、自動販売機がミュージアム内に1つは欲しいかなと思いました。

関係者のみの出入口の外に自動販売機が1台あって、そちらを案内されている人たちがいましたが、2階の廊下とかミュージアム内に1つはドリンクの自動販売機ほしいかな。

それから、我が家もそうですがベビーカーを押して入場する人もいたので、ベビーカー置き場とか床にラインだけでもいいのでほしかったかな。

あと展示されているトラクターがかっこよくて、一周して見ていると、「たがやせ!フィールド」の列に割り込む感じになってしまったり、逆に「ウェイクサーフィンボートレース」は並ぶ列が無いので、できない子はずっとタイミング逃してできなかったりとか、混雑時は並ぶ列をちょっと見直した方がいいのかなと思いました。

トラクターとかボートとかもカッコいいので、しっかり見せてほしいですしね。

それでも、小学生くらいの子が楽しめる感じなのかなと思って行ったんですが、未就学児の息子たちもたっぷり楽しめたみたいで、充実の施設でした。

またすぐ行きたいくらいです!

ヤンマーポイントもたくさん貯まるとヤンマーミュージアム内のショップやレストランで割引特典が受けれるみたいで、いっぱい遊んで、ポイントを貯めて、割引も受けれたら嬉しいですね。

動画はこちら

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事