【1歳の息子とディズニーランドへ行ってきた体験談】親子で楽しむための大事な心構え




1歳 ディズニー 体験談

子どもが歩けるようになると、ディズニーランドに行きたい!って考えるママやパパも多いのではないでしょうか。

我が家もまさしくそうで、子どもが1歳9ヶ月頃にディズニーランドデビューしました。

 

でも1歳の子連れディズニー…実際行ってみると大変な事も多くて「もう少し大きくなってから行っても良かったかな?」とも思いましたが、その時の思い出はその時だけしか作れないので、今ではいい思い出です。

今回は私の体験談から、これから子連れでディズニーに行こうと考えている人たちにためになる記事を書こうと思います。ぜひ参考にして下さいね。

 

子どもが楽しめるか不安

子どもがまだ小さいと本人たちが楽しめるのか、愚図ってすぐ帰りたくならないか心配にもなりますよね。

子どもによって興味を示すところも違ってくると思いますが、うちの子はアトラクションよりも、パーク内にある大きな船や仕掛けのある家を見て興奮していました。隠れミッキーを探すのにもハマっていましたよ。ミッキーを一生懸命探していました。

アトラクションに乗れないものもあるし、まだ小さいからディズニーに行っても楽しめないかなという不安もありましたが、そんな事全然ありませんでしたよ。

色々なキャラクターと写真を撮ったり、ディズニーの世界観を楽しんだり、美味しい食べ物を食べたり、お土産を買ったり、ゆっくりディズニー気分を味わえてとっても楽しかったみたいです。

うちの子は帰ってきてからもしばらく「楽しかったね~」なんて言ってましたよ。

スポンサーリンク

 

必要不可欠な持ち物は? 

今まで大人だけで何回もディズニーランドに行った事がある人も、子連れでのディズニーランドはまた一味違います。

まずは何と言っても準備が大事です。

 

ディズニーはなんだかんだ歩く距離も長くなるし、待ち時間も長いことを考えると、あれもこれも持って行くのはNGです。

でも、荷物を減らし過ぎて、「あれ忘れた!」なんてならないように、必要不可欠な持ち物を紹介します。

 

  • オムツ&お尻拭き
  • 着替え
  • ゴミ袋
  • ハンドジェル(除菌シート)
  • お菓子、飲み物
  • タオル

 

これらは外出するときの定番の持ち物ですよね。

その他に、私が持って行って助かったものをあげていきます。

  • 子どものご飯類
  • レジャーシート
  • 歯ブラシ、歯磨きナップ
  • 薄手の上着
  • ベビーカー

 

こんなところでしょうか。

着替えはたくさん用意しがちですし、あれも着せたい、これも着せたいとか、汚れたらとか心配になるかもしれませんが、着替えってけっこうかさばるし、荷物になるので上下1枚ずつくらいで充分だと思います。衣類の圧1縮パックなんかに入れていくと荷物も小さくなっていいかもしれませんね。

あと薄手の上着はあっても困ることは無いです。外にいることが多いと思うので、肌寒いこともあるかもしれないし、お昼寝なんかしちゃったときにかけてあげるといいですね。夜までいる場合もやっぱりちょっと寒くなってきますから重宝するはずです。

それからお菓子とは別に菓子パンやベビーフードなど主食系の物を持参するのもおススメ。子どもがお腹すいたときにレストランは混んでいるかもしれないし、ちょっとつまめるものがあるとおとなしくして待っていられるので安心です。

うちの子も、ディズニー内のご飯よりも食べ慣れたパンをひたすら食べていました。

除菌シートは手が洗えない時にさっと拭くだけなので必需品です。ハンドジェルなら子どものリュックに付けておけば良いので、おススメです。

 

子どもが愚図ったら?

ディズニーは待ち時間も長いし、愚図っている子供たちもたくさん見ます。

 

私なりのポイントはお菓子をあげるタイミングです。

お菓子は待ち時間やぐずる時にあげて下さい!機嫌が良い時にあげすぎてお菓子が無くなるなんてことのないように、いざって時までとっておきましょう。

そして、子どもが歩き疲れた時はや荷物がたくさんあるときに乗せて歩けるので、ベビーカーはけっこう必須アイテムです。

パーク内で借りることもできるので、状況に応じて用意して下さいね。

 

また、パーク内にはベビールームがあるので、ミルクを飲む赤ちゃんや、おむつ替えが必要な時は利用すると良いですよ。

そこでオムツや粉ミルクも買えるので、子連れにも安心のディズニーですね。

 

おススメのパーク内での過ごし方

1歳 ディズニー 体験談

準備万端!いざディズニー!

でもちょっと待ってください。1、2歳児は実はまだ乗れるアトラクションもそんなに多くはないんです。

事前にパーク内の乗り物を予習しておいて、乗る順番などもある程度決めておくといいと思います。

東京ディズニーランド公式ページ

 

ポイントは、子どもが比較的元気なうちに色々なアトラクションを乗らせてあげる事!

最初はハイテンションでも、後半になると疲れてぐずり出すのが1,2歳児です。

 

疲れて歩きたくなくなるので、そうした時は、座って見られるショータイプのアトラクションがおススメです。

うちの息子も元気なうちに、イッツアスモールワールド、プーさんのハニーハント、ジャングルスルーズなど乗りました。疲れた時に、カントリーベア・シアター、ミッキーのフィルハーマジックなどは座ってみる事ができたので、親も子どもも楽でした。

 

あと、ファミリーでリンクコーデしている人たちもたくさん見かけて、うちも次回はやってみたいななんて思いました。

 

 

ディズニーを楽しんだ後は

 1歳 ディズニー 体験談

どうせ行くなら、ゆっくり最後まで過ごしたいので、我が家もディズニーに行く時は、必ず前泊か、当日ホテルに泊まるようにしています。

本当は、パーク内のオフィシャルホテルに泊まりたいのですが、金額も高いので周辺のホテルに泊まります。

ホテルによっては、ディズニーまで行く無料のシャトルバスがあったり、その他の特典もあるので、何個か検討するといいと思います。

 

まとめ

ディズニーを楽しむ為には、事前の準備をしっかりしましょう。

持ち物、乗れるアトラクション、遊べるエリアなど、パーク内の情報を事前に知っておくだけで、思った以上に満喫できます。

小さい子連れのディズニーは大変ですけど、その時にしか経験できないことだし、必ずいい思い出になります。

自分の家族にあったプランを考えて、思う存分ディズニーを楽しんで下さいね!




スポンサードリンク