産婦人科の選び方。忘れてはいけない大事なポイント。




赤ちゃんを抱いているママ

待望の赤ちゃんがお腹にいると分かった時、まず考えるのはどこの産婦人科に行こうかということですよね。

とりあえずは、近い産婦人科に行こうかななんて考える人も多いと思います。

でも簡単に病院を決める前に、これを読んで産婦人科の種類や特徴などをチェックしておきましょう。自分の理想に合った病院をしっかり決めていきたいですね。

人生のうちで何回も経験できるものではない貴重な体験です。病院も失敗のないように選びたいですよね。

私は、3歳と1歳の子がいます。1人目は家から近い個人クリニックで産み、2人目は総合病院で産みました。 私なりの産婦人科選びのコツを教えますよ。

スポンサーリンク

何を基準に産婦人科を選べばいい?

 

病院食 

産婦人科には、

個人クリニック
総合病院
助産院
産婦人科病院

などの種類があります。

地域によって、無い施設もあるかと思いますが、大半の人は総合病院か個人クリニックを選んでお産する人が多いのではないでしょうか。

まず選ぶ基準として一番大事なのは、通いやすい場所にあるかどうかです。

遠くても自宅から30分以内に行ける所がおススメです。

旦那さんが検診の度に一緒に来てくれるなら少し遠い所でも安心ですが、なかなかそうもいかないと思うので、自分で行ける距離にある事が理想です。

あまりにも遠いと、妊娠後期になってから通院するのが大変になったり、陣痛が来てから病院まで行くのに時間がかかります。それだけで不安が増えてしまってはストレスですよね。

次に大事なのは出産費用です。金銭的に余裕があるのか、なるべく費用を抑えたいかを考えましょう。

個人クリニックと総合病院では出産費用が多いと3倍にもなる可能性があるので、予めどれくらいの費用が掛かるのか確認しましょう。

病院をさらに詳しく選ぶポイントは?

病院

さらに病院をこだわりたい人は、

病院のお産方法や旦那さんの立会は良いのか?
出産後の面会は誰まで良いのか?
入院中のご飯は美味しいのか?
産まれた赤ちゃんとは母子同室なのか?

が選ぶポイントです。

出産直前で病院を変えることもできますが、検診の時から診ていただいた先生の方が安心ですよね。

自分のこだわりがかなえられる病院かどうか、なるべく早くから確認しましょう。

 

個人クリニック・総合病院のメリット

個人クリニックのメリット

我が家の子どもたち2人はそれぞれ別の病院で産みました。1人目は初めてのお産だったので、病院の事も詳しく分からず、実家から近いというだけで個人クリニックを選びました。

「あそこは良い病院だし、ご飯も美味しいよ」という地元では評判の病院でした。病院の雰囲気も落ち着いていて、検診の時はリラックスできたのは大きかったかな。

設備もしっかりしていて、3Dエコーでお腹の中の赤ちゃんの顔も見ることができました。また、検診室には旦那も入室OKだったので、一緒に赤ちゃんの成長を確認できて嬉しかったです。

検査も出産も全部同じ先生が見てくれるので、安心できました

お産後は、完全個室で初日から完全母子同室でした。子どもとゆっくり過ごす事ができ、面会も夫・子ども・両親以外ダメだったので、他の人にも気を使うことなくリラックスできました。ご飯は毎食専属のシェフが作ってくれていて豪華でめちゃくちゃおいしい。

赤ちゃんのお世話も何をしていいかよく分からない私にも丁寧にしっかり教えてくれて、そのおかげで自宅に帰っても安心してお世話できました。

妊娠中から妊娠後までゆったり過ごしたいという人は、個人クリニックがおススメです。個人クリニックは、騒がしくなくアットホームな雰囲気が特徴で他人に気を遣うことなく産後の疲れた体も癒せます。

総合病院のメリット

2人目は総合病院で出産しました。❝お産てこういうもの、赤ちゃんのお世話はこういうもの❞と分かっていたし、贅沢するのも勿体無いと費用が安い総合病院にしました。

費用は個人クリニックの時の半分で済み、その分オムツ代や洋服代に充てられたので、病院を変えて正解でした。

費用面で少しでも安く抑えたい人は、総合病院がおススメです。

総合病院は、産婦人科の他にも色々な科があるので、妊娠中や出産中に何かあったとしてもすぐに処置が取れます。高齢の方や、持病がある方にも安心です。

診察の待ち時間は長くかかってしまいますが、個人クリニックの時よりもしっかりと検査してくれます。

入院時は大部屋でも、常にカーテンで仕切った状態なので、プライバシーは守られています。でも、他人のいびきや面会時の話し声が気になるようであれば追加料金は発生しますが個室も希望できます。

食事も質素ではありましたが、思ったりも美味しくヘルシーで良かったです。個人クリニックに比べると、衛生面とか気になる部分は多少ありますが、その分費用が抑えられるので、子どもの教育費に取っておくと思えば、ね。

病院を変えるという選択も

お産によって選ぶ基準も変わってくるし、必ずしも同じ病院でなくていいと思います。

同じ病院で産みたいならそれもよし、費用を抑えたいなら病院を変えるもよし、一度雰囲気を見てみてから決めるのもありだと思います。

何よりママの心と体のケアを第一優先に考えて病院を選んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

産婦人科選びについてまとめると・・・

  • 一番大事なのは病院との距離。次に費用面が希望と合っているか。
  • 自分が理想とするお産が叶えられる病院かどうかも選ぶポイント
  • 雰囲気を見てから、1人目と2人目、病院を変えてみるのもあり

初産婦の時は、何もかもが初めてなので安心して産める所に決めるのがおススメです。妊娠中でも、出産後でも、心に余裕を持って赤ちゃんのお世話が出来る環境が1番良いと思います。

そのためにはまず、自分はどんなお産を理想とするのか、出産後はどのように過ごしたいかを考えることが大事です。

自分がしっかり納得して選んだ産院で、安心してお産をしたいですね。




スポンサードリンク