初めての出産が逆子で帝王切開に。産前産後の心境と快復までの本当にリアルな記録

この記事は約 16 分で読めます。

帝王切開

管理人のゆりももです。

経験したことのない初めての出産はみんな不安や恐怖でいっぱいです。

それが帝王切開と決まったら…

普通分娩より痛いのかな…お腹ってどのくらい切るんだろう…トイレや食事は…赤ちゃんはいつ抱っこできる??

と分からないことだらけで余計に不安になりますよね。

 

私もそうでした。帝王切開のことを調べれば調べるほど不安になったり、安心したり。その繰り返し。

帝王切開での出産を控えたママたちのために、私の出産レポで帝王切開について詳しくお話していきます。理解を深めて出産に挑んでください。

帝王切開の出産について偏見を持っているような方にもできれば読んでもらいたいですね。

スポンサーリンク

帝王切開とは

帝王切開とは普通分娩とは違い、手術によって出産をします。

ママや赤ちゃんに何か問題が起こった場合、帝王切開となります。

下半身麻酔をしてママのお腹を切り、赤ちゃんを取り出します。

ママにも赤ちゃんにもリスクを少なくするための安全な出産の方法だということを医師からは説明されました。

帝王切開の種類

帝王切開にも予定帝王切開と緊急帝王切開とがあります。

予定帝王切開

その名の通り予定して行う帝王切開を予定帝王切開と言います。

私の場合は、お腹の子が逆子で、予定帝王切開でした。帝王切開ということが決まったのは予定日の1か月前くらいでしたが、もちろん逆子が直れば普通分娩とは言われていました。

予定帝王切開の場合は陣痛が始まってしまうとリスクがあるらしいので、だいたい出産予定日の2週間ほど前に手術日が予定されることが多いようです。

緊急帝王切開

緊急の場合に行う帝王切開を緊急帝王切開と言います。

ママか赤ちゃんに何かトラブルが発生したときに行う帝王切開です。

私の姉は赤ちゃんにへその緒がひっかかっていてなかなか出てこれなかったため、緊急帝王切開で出産しました。

お腹の切り方

お腹の切り方には縦か横という方法があります。

赤ちゃんは縦方向に位置しているので縦に切る方が比較的簡単で緊急の場合は縦、予定の場合は横が多いみたいですが、これは病院や医師によって違ってくると思います。

看護師さんの話では縦でも横でも痛みや治りに大差ないみたいですよ。これは縦か横かの差ではなくて、個人差でしょうね。

私の場合、予定でしたが縦でした。私の姉は緊急でしたが横でしたよ。ただ私の方はケロイドになってしまって1年経った今でも傷口は目立ちますが、姉の方はほとんど分からないくらいきれいになっていました。

体質にもよると思いますが、術後特に何もしなくてもきれいに治る人は治るみたいです。「お腹に傷が…」って少しナーバスになってしまう時期もあるかもしれませんが、あまり深く考えすぎないようにしましょう。

お腹の傷なんかより赤ちゃんが元気に生まれてきてくれたことが何よりって思える時が必ず来ます。

私の出産が帝王切開になった原因

妊婦のお腹

先ほどもお話しましたが、なぜ私の初めての出産が帝王切開に決まったのかというと、それは赤ちゃんが骨盤位という逆子だったからです。いろいろと逆子を直すためにトライしてみましたが、結局最後までひっくり返らず、帝王切開に決まりました。

逆子をなおす為に私がした10のこと。成果は?もしなおらなかったら?

2017.07.28

帝王切開での出産で一番多い原因は逆子みたいですね。あとはへその緒が首に巻きついているとか、多胎妊娠とか子宮筋腫などママの体に何か問題がある場合などだそうです。 

私が聞いた帝王切開の経験談

もしかしたら帝王切開になるかもという時からどんな痛みなのか、何が大変だったか経験者からいろいろ情報収集していました。

そのうちの1人が私の姉でした。

姉は海外に住んでいます。その国では、普通分娩でも無痛分娩が主流らしいです。姉もその予定で無痛分娩の麻酔を打っていました。ところが赤ちゃんがなかなか出てこれなかったため、緊急帝王切開になったようです。その姉の話では

一時、無痛分娩の麻酔が切れて陣痛の痛みを経験したけど、この世のものではないくらい痛かった。それに比べたら帝王切開の痛みの方がまだ耐えられるものだったよ。
産後もお腹を切った痛みより後陣痛の方が痛かった。2日間くらい寝たきりだったけど早く歩いた方が回復も早くなるよと言われて、ベッドから起き上がって廊下を歩いたときはお腹の傷口が痛かったけど、歩いて赤ちゃんに会えた時にはそんな痛みも乗り越えられるほどだったよ。

かたや2人の子を普通分娩で3人目を帝王切開で産んだ先輩ママさんの情報では

先輩ママ
女性は子供を産む痛みは乗り越えれるような造りになっているけど、腹を切られた痛みは乗り越えれるように造られていない。だからとてもじゃないけど比にならないくらい帝王切開の方が痛かったよ。

はたまた腫瘍があって予定帝王切開になった友人のお姉さんは

友人姉
帝王切開は別に痛くなかったよ〜。麻酔するし、すぐ終わるから気構えることないよ。

まさに三者三様・・・

つまり・・・痛みも出産も人それぞれなんだろうと思いました。

しかも産後はホルモンが分泌され出産の痛みは忘れるようにできているとどこかで聞いたことがあります。
目まぐるしい子育ての中で記憶が曖昧になっていることもあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

帝王切開への偏見

さて、帝王切開が決まった頃、実母の帝王切開への偏見が私を苦しめました
母乳出なそう
子供3人は産めなそう
陣痛の痛み経験しないと母という自覚芽生えなそう

帝王切開で出産した人への風当たりが強い事もなんとなくネットとかから調べていたし、それらが全て風説であることも分かっていました。

現に、私は母乳の出が良かったし、もちろん母という自覚も芽生えました。普通分娩でないからといって母になれないわけではありません。当たり前です。

まぁ、「自分の子供がお腹切られて痛がっているのを見たくない。」と言っていた母の気持ちが自分も母になった今、少しだけ分かる気もしますが、そんな母も元気な孫の姿を見たらもう偏見も何もなくなりましたよ。

 

中には「下から産まなきゃ母になれない。」「帝王切開は楽してる」とか言われて心を痛めているママさんたちもいるみたいですね。

出産に何がエラくて何が劣っているとか絶対ないです!普通分娩でも帝王切開でも楽な出産なんて無いと思うんですよね。ママも赤ちゃんもみんな命がけで一生懸命。

産み方よりも産まれてくる大事な赤ちゃんのこれからの育て方の方がよっぽど大事だと思いますよ。

私の出産レポ

では、私の出産レポを詳しくお話していきます。

手術日前日

前日の午後、旦那と2人で病院へ行きました。だいたいどこも予定帝王切開だと前日入院になるようです。

予定帝王切開は予定が立てれるので家族や旦那さんのスケジュールとも都合を付けれるのでいいですよね。

先生にエコーを見てもらい、相変わらずお腹の中の子は逆子で、入院が確定しました。もしここで逆子が直っていれば、手術は中止ということになったようです。

旦那だけ帰り、入院着に着替えて看護師さんに剃毛してもらい、シャワーをしました。

17時くらいには夕飯を食べ、NSTという胎児の心拍数を調べたり、子宮の収縮が始まっていないかどうかをモニターする検査をして、21時以降には絶飲食になりました。

いろいろ考えすぎるのも嫌だったので22時くらいには寝ました。

手術日当日

手術前

いよいよ手術日当日の朝。

早く目が覚めてトイレと洗面所へ。

トイレに入ろうとドアを開けたら…一人の ばけもん…女性が座っていました…

「ごめんなさい。」と言ってすぐドアを閉めたんですが…

 

その女性、点滴がたくさんつながれていて、腰も曲がっていて動きもすごくゆっくりで頭ボサボサで顔色も悪いし、何よりトイレの鍵あけっぱなし…

後から分かったことなんですが、この方、4000gの赤ちゃんを帝王切開で出産して術後3日目くらいだったみたいです。

ちょっと衝撃でした。今、病気でもなんでもなくてピンピンしてるのに、手術後はあんな風に一気に病人風になってしまうんだろうか…とちょっと不安になりました。

 

病室で待っていると「午前中の診察が終わり次第手術になります。もし他の患者さんで緊急の場合があれば、そちらが優先となります。」と看護師さんから話があって、特にすることもなく、ただ時間だけが過ぎました。お腹も頭も空っぽでした。

「時間あるときにトイレ行ったり歯を磨いておいた方がいいよ。」と看護師さんに言われるがままに行動。この後、手術後丸2日くらいはまともに自分で歯も磨けないので、歯を磨いておいたのは、本当によかったと後から思いました。

それから半身麻酔の為の注射の姿勢を練習しました。
半身麻酔の注射の時は思いっきり膝を抱えて顎も引いて背中を丸めるという姿勢になります。お腹も大きいし、思いっきり体を丸めるのはけっこうきついです。

その後、最後のNST。もうこのお腹の中の心音も聞けなくなるんだと思うと何だか嬉しいようなさみしいような…

NSTの最中に予定より1時間早く旦那が来ました。旦那も朝早く目が覚めたらしく、居ても立っても居られなかったみたいです。

2人で冗談なんか話して余裕ぶってみようと思ってもどうしてもお互い緊張はしていました。

12時半になって旦那だけ先生に呼ばれ、手術の同意書へサイン。

手術だからリスクはゼロじゃない、母体のことを考えて術後1年間は避妊すること、というような説明を受けたようです。

その間に私は手術着に着替えて、尿管をつけられました
これがけっこう痛かったですね。看護師さんの腕が悪いんじゃないかと思いました。誰がつけても痛いんでしょうか。

麻酔を打ってから尿管を入れる病院もあるみたいですね。

あと、手術前に浣腸をする病院もあるみたいですが、私のとこはしなかったです。絶飲食だし、術後何日間は便意もないです。

尿管をつけられた状態で、担架のまま手術室の方へ運ばれていきました。

いよいよです・・・

担架から一人の先生の顔が見え、「はい、がんばろうね〜。」と仰ったので「お願いしま〜す。」と言ったつもりですが、自分でも驚くほど蚊の鳴くような小さな声。

最初に手術室の前室みたいなところで半身麻酔の注射を背中に打たれました。半身麻酔の注射が痛い痛いと聞いていたから気構えていたけど、まぁ普通の注射の3倍くらいの痛みかな。思っていたほどではなかったです。

そしてそのまま手術台の方へ。だんだん麻酔が効いてきて思うように足が動かなくなってきました。体の下に布みたいのが敷いてあって、その布ごと手術台の方へ6人掛かりで乗せられました。

手術台へ移ると医療ドラマでよくみるこういう光景が見えてきました。これがまた言い知れぬ恐怖心を煽ってきました。

muyoungdeung-1484438_960_720

麻酔が効きだしているのに手足がブルブル震えて顎がガクガクなっているのを感じました。
顔の部分だけ丸く穴が開いた布をかぶせられ、お腹から下は布がかかっていて私からは見えないようになっていました。

出産

赤ちゃんの足

先生が「これ冷たい?冷たくない?」とか言いながら麻酔の効き具合を確認。

旦那が手術室に入ってこないので不安になってきました。私が出産した病院では帝王切開手術も旦那さんの立ち合いが許可されていました。看護師さんに帝王切開でも立ち合う人のが多いよと聞いて、前日に旦那にも立ち合ってもらうことにしました。

でも、旦那がいない。話が急すぎてちゃんと病院に伝わってなかったんだろうかと不安になってきました。

そういえば、妊婦健診で3Dを見せてもらえるってときもタイミングを逸して旦那だけ赤ちゃんを見れなかったことがありました。

さすがに今回ばかりはタイミング逸したどころの騒ぎじゃないので看護師さんに「旦那は…いますか」とボソッと聞いたら、「来るよ〜。今から入ってもらうからね〜。」と言われ、安心しました。

たぶん言えば、撮影もOKだったと思います。うちは旦那にはもうただひたすら手を握っててもらいました。

旦那が入ってきた時すでにもうお腹は切られていたみたいです。ちょっとひっぱられるような感覚はありましたが、痛みは全く感じませんでした。

30分経ったくらいかな、「もうじき産まれるよー。」と看護師さんが言って、赤ちゃんが出てきました。旦那からは見えたみたいですが、私からはまだ見えず…

「赤ちゃん横通るよ!こっちから見えるよ!」と看護師さんが教えてくれた方を見ると、髪ふさふさの小さな小さな赤ちゃんが看護師さんに抱かれて通って行きました。

赤ちゃんは産声もしっかりあげて、先生が「100点満点だ!」と。

 

手術はまだまだ続いています。胎盤出したりなんやかんややっているんだろうけれども何をしているかは全く分からず。ずんずんお腹を押されたり、引っ張られたりしているのはなんとなく分かりました。長距離を走って横腹が痛いくらいの痛みは少しありました

その間にきれいに拭いた赤ちゃんを連れて来てくれたので、恐る恐るほっぺを触ってみると、壊れてしまいそうな柔らかい薄い皮膚で、愛おしくて仕方がなくなりました

そして無事手術が終わりました。

手術時間はだいたい1時間くらいでしょうか。赤ちゃんが生まれるまで30分、産まれてから30分って感じです。

担架のまま病室へ運ばれ、途中で母と父に対面し、なんだか病人っぽくて親は心配しそうだなと思いました。

手術後

手術が終わって、麻酔はまだ切れていなかったのですぐに痛みが襲ってくることはなかったです。手術後2、3時間たってからんだん麻酔が切れ出し、少し痛くなりそうな気配がしてきました。

眠ってしまおうと1時間くらい寝て起きると、お腹がとんでもなく痛み出しました。

切った痛みなのか、後陣痛なのか初めての経験で分別がつかなかったです。今思えば、恐らく切った痛みだったんじゃないかなぁというくらいです。

一刻も早く座薬を打ってほしい。1分1秒でも早く痛み止めが効いてほしい。と人生で初めてナースコールを鳴らしました。

座薬の痛み止めを打ってもらってから少しは楽になりました。でもゼロではなく、少し楽になった程度。

これはきっと時間だけが解決してくれる!そう思って、それからずっと秒針だけを見ていました。

夜中の12時までがとてつもなく長く感じ、12時からは無の境地に達しました。でもそれも長くは続かず、ただひたすら痛かったです。

血栓予防のために足にマッサージ機をつけていたんですが、手術前それを聞いたときは「マッサージ機つけてくれるんだ。ラッキー」と思ってました。あのときの自分を呪いたい…

一定のリズムでずっとマッサージ機が動き続け、これがとんでもなく鈍い痛みをもたらし、術後、12時間つけていなければならないマッサージ機を10時間くらい経ったところではずしてもらいました。

この夜、赤ちゃんのことを考える余裕はありませんでした世界で一番長い夜でした…

スポンサーリンク

手術後1日目

やっと、やっと朝がきた…

朝6時くらいにまた座薬の痛み止めを打ってもらいました。痛み止めも打ちすぎては効果なくなってしまうんではないかと我慢していましたが、看護師さんに我慢する必要ないよと言われてめちゃくちゃ後悔しました。

痛いときは痛いと言って薬に頼った方が絶対いいです。

 

この座薬を打ってもらってから、徐々に痛みがなくなってきました。

赤ちゃんに会いに行けるわけでも、ご飯を食べれるわけでも無く、ぼーっとしていました。

たまに看護師さんが来ては、歯ブラシをさせてくれました。と言っても起きれもしないから、寝ながら歯を磨いて水をふくんでバァーっと口からこぼすだけ。それだけでも何だか気分は良くなりました。

medical_ugai_bed
カーテンを開けたり、テレビをつけたり、そんな仕組みがあることすら忘れていました。というか手が届かないし、動けないし。

看護師さんが赤ちゃんの写真を撮って持ってきてくれて、それがカメラ目線でガッツポーズしてるような写真だったので、なんだか励まされてる気がして少し元気に。昨日までお腹の中にいた赤ちゃんが、もうお腹にはいなくて、今までで一番遠い距離にいて、なんだか不思議な気持ちと早く会いたいな〜って気持ちが高まってきました。

午後、先生が病室に来て、手術について説明してくれました。
「逆子の原因はこれといって何かは分からないんだよね。目には見えない理由とか答えのないことってあるんだよね。」と言うので、正直私ももう逆子のことなんてどうでもよかったし、
先生、私、元気な赤ちゃんに会えて、それだけで充分です。」というベタなことを言ったら、
「そうだね。あなたのお産も立派なお産だったよ。」キリッ
と先生も決め台詞のようなことを言って去って行きました。

そうか、私もお産をしたんだな。と実感が湧いてきました。

手術後はガスが出るまで絶飲食のため、この日は飲み物もごはんもなし。

手術後2日目

痛みはだんだん弱まってきていたけど、この日もずっと寝たきりでした。

度々、産褥ナプキンを換えに看護師さんが来てくれて、その時に体を右向きにしたり左向きにしたりした。自分の体がものすごく重く感じました。それでも頑張って動かすと、「すごいよ。その調子ならもう明日には歩けるよ!」と看護師さんが言ってくれました。

旦那がやってきて、赤ちゃんのビデオを撮って病室のモニターで見せてくれたりしました。
早く自分の腕で抱っこしたい〜。

この日もガスが出なかったので飲み物もごはんもなし。

手術後3日目

お昼頃、手術後ずっと付けていた尿管をはずしてもらい、歩いてみましょうと看護師さんが2人がサポートしてくれました。

それから点滴スタンドを支えにベッドから起き上がるだけで15分、そこから立ち上がるのにまた15分はかかりました。
立ち上がった瞬間、悪露がどろどろと出てきてビックリ。

どちらかというと歩行より起き上がる動作の方が辛く、歩行中もお腹が引っ張られているような感じで、いつか普通に歩けるようになるのだろうか、帝王切開で出産して普通に歩いてる人たちすげーと思いました。

でもそれも縫合したホッチキスを抜鈎(ばっこう)した手術後5日目以降はほぼ違和感なく歩けるように快復していきました。

廊下を歩いて念願の赤ちゃんとご対面しました!本物!めちゃくちゃうれしかったです。
姉が言っていた「赤ちゃん会いたさに痛いのも乗り切って歩けるようになるよ。」という言葉の意味が分かりました。

歩けるようになったので久々にシャワーもしました。
恐る恐るお腹の傷口にシャワーをあててみましたが、防水のテープが貼ってあってしみたりはしません。

あと、こういうテープを術後すぐから貼っておくと傷あとがきれいにふさがりやすいみたいです。

この日の夜からガスも出て流動食開始。
久々に口にする食べ物は出汁と重湯だけでしたが、一口食べると頭からつま先まで一瞬で染み渡りました。

スポンサーリンク

帝王切開出産レポまとめ

帝王切開どころか出産も初めての経験で不安や恐怖はもちろんありました。

私もいろいろ調べまくったし、人からたくさん話を聞いたりしました。

でもそれが良かったですね。いろんな情報、知識を入れておけて、覚悟もできたし、理解も深まったし。

 

「もし、帝王切開もできなかった昔だったらどうなってたんだろうね。」とたまに旦那が言います。

帝王切開怖いな〜、不安だな〜と思っているママさん、これだけは覚えておいてください。帝王切開は安全な出産の方法です。赤ちゃんにもママにもリスクを少なく、より早く元気な体に快復するために行う出産方法です。

帝王切開だからといって子どもを産んでないわけではもちろん無いし、みんな立派なお産をしています。赤ちゃんだってママだって一生懸命なことに変わりはないんです。

とは言え、痛みがゼロではもちろん無いです。でも必ず乗り越えれる痛みです。たくさんのママたちが乗り越えて来ました。あなたにも必ず乗り越えれます。

それに元気な赤ちゃんに出会えたらきっと痛みも吹っ飛びますよ。

そして出産という大きなイベントを目前にすると忘れがちですが、大事なのは産み方よりも産まれてくる子どもの育て方だということを忘れないでくださいね。

 

スポンサードリンク