不用品販売をしたら生活が変わった話【ヤフオク・メルカリ・ラクマ】主婦におススメなのは?




フリマアプリ おススメ

管理人のゆりです。

私は長男を出産するまでフルタイムで働いていましたが、出産を機に退職をして、それからはずっと専業主婦をしています。

私の母と父は共働きで、祖父母と過ごす時間の方が長かった私は、保育園や学校から帰って母親が家にいるという家庭にすごく憧れが強かったのです。
なので、私は専業主婦という道を選びました。子供が小さいうちはできるだけそばにいてあげたいと思っています。

それでも経済的に不安が全くない状況かと言えばそういうわけでは決してありません。

私が働きに行かない分、家にいても何かお金になるものはないかなと考えました。

 

そこで、ネットでの不用品販売を始めました。

最初はネットでモノを売るということに抵抗があったけど、やり出したら意外とハマりました。

今、不用品販売を全くしたことがないという人はそんなにいないかもしれませんが、ネットで家の不用品を100万円以上売ってきた私が不用品販売の魅力をお伝えします。

スポンサーリンク

不用品販売のメリット・デメリット

フリマアプリ おススメ

不用品販売を始めて実感したメリット・デメリットをあげてみます。

メリット

  • 家で眠っていたものがお金に変わる

そこにあるだけでただ場所をとっていたものがけっこうありました。

例えば、子供ができる前に旦那が一時はまったアウトドア用品。使ったのはたった2、3回。だけど割といいものばかりだったのに手放せずに、これがすっごく場所をとっていたんです。

でも、なかなか次の出番は来なそうだし、また必要になったときに買えばいっか!と思い切って売る事にしました。

これが、なんと買った時の5割から8割くらいの値段で売れたんです。

 

  • 捨てるにはお金がかかるものも売れる

大きい家具、家電は捨てるのもお金がかかりますよね。

高値で売れなくても、物を手放すのにマイナスかプラスかって大きな違いです。

 

  • 部屋がきれいになる。

売れるもんないかなという目で所持品を見直すと、使わずにただの置物になっていたものってけっこうあったんですよね。

そういうものを全部売っていったら、部屋が本当にスッキリしました。

一度部屋の中を写真撮ってみる事をおすすめします。そうすると、けっこう物が多いなとか、これいらないななんてものたくさん出てくると思いますよ。

 

  • ミニマリスト思考が身につくので必要最低限のもので生活できるようになる

これは無くても他で代用できちゃうじゃん!という思考になりました。

例えば、鍋なんかも必要最低限の数に削る事ができたし、服もバッグもアクセサリーも似たようなものばかりだったので、もう長いこと使ってないなというものは思い切って売ってしまいました。

それでも全然不自由無いし、ゆったり収納できるのでもうほんとスッキリしました。

 

  • 無駄遣いが減る

買い物をする時に本当に必要なものかどうか慎重に考えるようになりました。

買うときに、使い終わったら、不要になったら、売れるかなとかも考えるようにもなりました。

いいものを必要な分だけ買うという癖がついてきました。

 

  • 服が半額で手に入る

大事に使っていた服であれば、いらなくなって手放すときに誰か他に欲しい人がいるかもしれません。もし半額くらいで売れれば、その服は半額セールで買ったようなものです。

デメリット

  • 出品がめんどくさい

写真撮ったり、コメント考えたりとか考えるとやり始める前はやっぱりちょっと面倒だなーとも思いました。

売りたいものが溜まっているときも億劫になってしまいますね。

でも最近はスマホアプリでパパッと出品できちゃうので1度取り掛かってみたり、売れ出したりすると楽しくなってきますよ。

 

  • ネットで知らない人とやり取りするのが不安

顔の見えない相手と住所や名前なんかを晒してやり取りするわけですから、ちょっと不安はありますよね。

でも実際に住所や名前が取引相手に表示されるのは取引が開始されて受取評価がされるまでの間だけです。

メルカリでは配送方法によって住所や名前を匿名でやりとりする仕方もあるので、そういう仕組みを活用したら安心ですね。

値下げ交渉がしつこい人とかもたまーにいますけど、そこはもう自分の売りたい値段から譲らずに、傷や汚れなどがあれば細かく記載しておけばトラブルなんかも回避できると思います。

今のところ私自身があったトラブルは、こちらが送ったワイングラスが配送中に割れてしまったというくらいです。メルカリだったんですが、メルカリ便という専用の配送方法で送ったので管理局から売り手も買い手も補償してもらえました。

スポンサーリンク

ヤフオク・メルカリ・ラクマおススメは?

ヤフオク・メルカリ・ラクマそれぞれを利用してみてどれがおススメか紹介していきます。

ユーザーの層

ユーザー層からみていきましょう。

ヤフオクは30代~50代くらいの男性が多い印象です。
家電や電化製品などは売れやすいですが、子供服やレディース用品、アクセサリー、生活用品は売れにくかったです。

女性向けのものは主にメルカリとラクマで販売しました。

ヤフオクよりは女性が多いという印象で、ヤフオクより少し売値が低いという感じもありますが、手軽に売ったり買ったりできるので売れるのも早い気がします。

それとオークションではないので、誰かが買った時点でもう取引が始まります。ヤフオクのようにオークション終了時間まで待つとかいうことはないですが、逆に売れない場合はずーっと売れないです。まぁ、もちろんヤフオクも売れないものは売れないでしょうけど、オークションの期限はあります。

メルカリとラクマではユーザー数がまだまだメルカリの方が多いという印象です。売れるスピードも体感では10倍くらい差があります。

早く売り切ってしまいたい場合は、やっぱりメルカリがおススメですね。

販売手数料

ちなみにそれぞれ販売時に出品者側に手数料がかかります。

ヤフオクのプレミアム会員は月額498円かかります。

サービス 販売手数料
ヤフオク(プレミアム会員) 落札価格の8.64%
ヤフオク(プレミアム会員登録なし) 落札価格の10%
メルカリ 販売価格の10%
ラクマ 販売価格の3.5%(2018年6月4日から)

フリマアプリでもラクマは今まで販売手数料無料でした。かなり魅力的ですよね。価格が高いものほど手数料で持っていかれるのはちょっと損した気分しちゃいます。

でもそのラクマも6月4日からは販売手数料が3.5%になるそうです。それでもまだメルカリほどの手数料ではないので、高価なもので急いで売る必要のないものはラクマを利用するのがいいかなと思います。

振込手数料と振込までの期日

売上金をポイントに還元してそれぞれのサービス、提携サービスで活用することも可能です。

サービス 振込手数料 振込申請から振込までの期日
ヤフオク 手数料無料 落札者が受取通知をしたタイミングで入金処理が行われる
メルカリ 1万円以上無料
1万円未満210円
振込申請の締切は毎週月曜、振込申請の締切から4営業日目の振込
ラクマ 楽天銀行は1万円以上無料
他行は210円

楽天銀行は0:00~8:59までの申請で当日の振込、9:00以降の申請で翌営業日の振込
他行は0:00~8:59までの申請で翌営業日の振込、9:00以降の申請で翌々営業日の振込

メルカリは申請から振込までちょっと時間がかかる感じですね。

 

 

スポンサーリンク

フリマアプリで売れやすくするためのコツ

フリマアプリ おススメ

フリマアプリで販売するときのコツを紹介します!

画像

まず、画像ですがやっぱり汚いところよりきれいなところに置いて撮影した写真の方が印象はいいですね。

傷や汚れがある場合は、その部分も撮ってしっかり確認してもらった方がトラブル回避につながります。

写真の枚数は多い方がいいですが、メルカリもラクマも画像は4枚までと決まっているので、載せきれない場合は複数枚を1枚の画像として加工して出してみるのもアリだと思います。

配送方法・送料

ヤフオクは送料は購入者側が負担する場合が多い印象ですが、フリマアプリは送料は出品者側持ちの方が売れやすいです。買いたい人が送料込み(出品者負担)の品を絞り込んで検索したときに、着払い(購入者負担)のものが引っかかってこなくなってしまうからです。

送料分は上乗せしてでも出品者持ちの送料込みに設定しておいた方が売れやすいです。

配送方法は未定にしておいて、実際に取引が始まってから指定することも可能ですが、メルカリの場合は、出品時からメルカリ便を指定しておくことで出品者側も購入者側も住所や名前を伏せて取引ができるので、購入者側でそういうのに抵抗がある人はメルカリ便に指定されている品だけを購入することも考えられます。

なので、メルカリの場合は、メルカリ便に指定しておいた方が売れやすいです。

出品価格

出品価格は他の同じようなものが売れている値段を見て設定しましょう。実際に送る時には送料もかかるので送料分でマイナスにだけはならないように気を付けてください。

出品時間

出品したタイミングが一番多くのユーザーに見られます。並べ替えない限り、出品の新しい順に並んでいるので、時間が経つにつれてどんどん埋もれていってしまいます。

なので、出品したタイミングが一番売れやすいです。(メルカリは出品していたものを値下げすると再度上の方に表示される場合もあるみたいです。)

メルカリ、ラクマは主婦層、学生のユーザーが多いので夕方~夜にかけて出品するのが一番見られている印象です。例えば20時とか21時とか、あとは朝の8時とか午後の15時くらいにも経験では売れやすい時間かなと思っています。

何日も売れずに売れ残ってしまった場合は、一度削除して再度出品し直した方が売れやすいです。

ヤフオクはオークションの終了時間を土日のゴールデンタイムとかに設定しておくと、ユーザーが多く、競って値が上がっていくという印象でした。

 

まとめ

最近、本屋に行ってもコンビニに行っても、断捨離とかミニマリストとか「物への執着をなくす」がテーマになっている本がたくさん並んでいます。

私自身も不用品を売ることから、最小限の物で暮らすこと、ひとつひとつの物を大事にすることを学びました。

今では、一つ何かを売ったり、手放すことは、何か一つの新しい運気が入ってくることだと思っています。

あなたも不用品を売って生活が変わる感覚をぜひ味わってみてください。

 

売りたい品物によって、売れるであろう層を考慮して、ヤフオク・メルカリ・ラクマを使い分けてみるといいと思います。

個人的には主婦層にはやっぱりまだまだメルカリが強いかなという印象なのでいろんな面から見てもおススメかなって感じです。




スポンサードリンク