赤ちゃんの歩く練習はした方がいい?~楽しく歩きの練習ができる方法~

この記事は約 5 分で読めます。

 

赤ちゃんの足

生まれたころは、ふにゃふにゃだった赤ちゃんが、首座りからつかまり立ちと、1年のうちで、ぐんぐん成長していく姿ってスゴイですよね。

そして、赤ちゃんが踏み出す、最初の1歩を心待ちにしているママさんはたくさんいますね。歩き始めたころの赤ちゃんの姿って、本当に可愛いですよね。

 

ところで、赤ちゃんの成長って個人差があるので、歩き始めが早い子もいれば遅い子もいます。周りの同じくらいの月齢の子が、歩いているのに我が子はまだハイハイしかしないとか、つい比べてしまって不安になっちゃっていませんか?

 

我が家には4人子供がいまして、1番上は中学生、末は2歳です。うちの子たちが歩き始めたのは…いつだったかな(汗)でも、早い方ではなかったので心配したものです。

 

そこで、今回は赤ちゃんの歩きについてまとめてみます。ちゃんが楽しんで歩きの練習ができちゃう方法も紹介しますので、試してみて下さいね。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが歩くようになるのはいつ?

 赤ちゃん

赤ちゃんが歩きだすのは、だいたい1歳くらいだと言われています。でも、これはあくまで平均というか、目安であって、他の発達と同様に個人差が大きいです。

 

早い子だと1歳前に歩いちゃう子もいますし、1歳半健診までに何とか歩けるようになるという子もいますから、この時期になったから歩かなきゃいけないなんてことはないです。

まぁ、ママとしては心配になってしまう気持ちも分かりますけどね。

 

我が子たちは、どの子も歩き出しは遅かったですね。1歳半健診にはなんとか間に合ったものの、周りから「まだ歩かないの?」なんて言われていましたから。

最初の子のときは、歩き出しが遅いことを、すごく心配したのですが、ちゃんと歩きますからね。2人目過ぎてからは、周りに何か言われても気にならなくなりました。

 

赤ちゃんに歩く練習は必要なの?

 赤ちゃん

歩き出しの時期は個人差が大きいから、心配しないでと言われても気になってしまうのが親というものです。私もそうでしたからわかります。

じゃあ、赤ちゃんが歩けるように練習をすることはできないのか、ちょっと考えますよね。

 

結論を言うと、赤ちゃんの身体の準備ができれば、歩く練習しなくてもいずれは歩くようになります。無理やり歩かせると転んでしまったりして、それが怖くなってしまって、なかなか1歩を踏み出せなくなってしまうことがありますから。

 

それにハイハイの時期が長い子は手足が丈夫になると言われていますから、ハイハイをたくさんさせてあげることは、今後の成長にもメリットがたくさんありますよ。

 

歩行器について

歩く練習と言って思い浮かぶのは歩行器ですよね。我が家も使っていました。でも、歩行器はあんまり効果がなかったように思います。

最近は使わない方が良いなんて意見もあるみたいですね。

ただ、歩行器好きな赤ちゃんもいますからね。歩く練習ではなく、おもちゃで遊ぶ感覚で使うのが良いのかなと思いますよ。

 

赤ちゃんも楽しい練習法!

 

もし、赤ちゃんに歩く練習をさせたいと思うのであれば、無理にやらせるのではなく、あくまで歩き出しのお手伝いをする感覚で、赤ちゃん自身が楽しめる方法で始めてみましょう。

 

つかまり立ち~伝い歩きをさせる

練習を始める目安としては、つかまり立ちができること。そこからテーブルや壁を伝って歩けるようにしていきます。そのために、伝い歩きができるスペースを作ってあげます。最初は尻もちをついてしまったり、転んだりするので後ろにクッションを置いておいたり、ママやパパが、転びそうになっても支えられるように、後ろで待機しても良いですね。

おもちゃで誘導したりして、伝い歩きが出来るようにしていきましょう。

 

手を引いて歩かせてみる

伝い歩きがスムーズにできるようになって来たら、今度はママやパパが赤ちゃんの手を引いて歩かせてみましょう。コツは赤ちゃんのペースに合わせてゆっくりやってあげること。

「いっちに!いっちに!」など楽しく声掛けをしながらやると、赤ちゃんもキャッキャ言って歩きますよ。

赤ちゃんが押して歩くようなおもちゃを使っても良いですね。

我が家は、アンパンマンの乗って遊ぶ車のおもちゃを押して遊ばせていました。そのままだと転んでしまうので、上の子が車に乗ってそれを押す感じにしていましたね。

 

少し離れたところから呼んでみる

伝い歩きも、手を引いて歩くのも上手になってきたら、最初の1歩はもうすぐです。つかまり立ちをしているところから、手が届くか届かないかの場所で「おいで~」と呼んであげて下さい。おもちゃで誘っても良いです。最初はハイハイで来ちゃうかもしれませんが、繰り返すうちに1歩が出るようになりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

それでは、赤ちゃんの歩く練習についてまとめます。

 

  1. 歩き出す時期は1歳くらいが目安だけど、早い子も遅い子もいる
  2. 無理に歩く練習はさせる必要はないです
  3. 遊びの一環として楽しく歩きの練習をしてみましょう

 

我が子の成長は、ママとしては気になるものです。この、歩くか歩かないかの微妙な時期って、早く歩かないかな~なんて思いますよね。

でもですね…歩かないうちが花です。

 

歩き始めたら、どんどんスピードが速くなってくるので、今度は追いかけるのが大変になってきます。ちょこまかと素早いんですよ、本当に(汗)

一瞬でも目を離したら、いなくなっていますから、迷子になったり、事故や怖いニュースも多いから、そっちの心配が出てきますから、歩き出した赤ちゃんと行動するときは、気を付けて下さいね。

 

赤ちゃんはいずれ歩きます。ママは気になるでしょうが歩き出したら、大変だと思って焦らず見守ってあげて下さいね。

 

スポンサードリンク