赤ちゃんを起こさずに布団に置くコツは?“背中スイッチ”のメカニズムを調査!

赤ちゃんとママ 

赤ちゃんの寝かしつけに奮闘されている、ママさん、お疲れ様です。

 

赤ちゃんを抱っこであやして、“ゆらゆら~よおっし寝た寝た~”と、そぉっと布団に寝かせた途端に、パチッと目が開いて、ぎゃーっ!と泣き出して振り出しに戻ってしまう…。

 

赤ちゃんの背中に翻弄されることって、きっとどこのママも経験ありますよね。

もちろん、私もそうでした。

 

せっかく寝かせたと思ったのに、ガックリしますよね。わかります。

 

今回は、そんな赤ちゃんの背中スイッチに悩んでいるママの為に、眠った赤ちゃんを上手に布団に降ろす方法を紹介していこうと思います。

 

さぁ!背中スイッチ発動阻止のミッションスタートです!

スポンサーリンク

背中スイッチってなに??

 赤ちゃん

そもそも背中スイッチってなに?というママさんもいるかと思うので、背中スイッチについての解説から、始めていきますね。

 

背中スイッチとは、抱っこせ寝かせた赤ちゃんなのに、布団に寝かせたとたん起きてしまう状態の事で、布団に背中を付けた途端に、スイッチが入ったように、起きてしまうということから、世のママたちの間で、作られた言葉のようです。

 

この言葉ができる以前から、この背中スイッチの作動に悩まされていたママはたくさんいたはずです。

 

この背中スイッチを、発動させないようにするのが、今回のテーマです。

 

眠った赤ちゃんを起こさないように、布団に降ろすコツを紹介していきます。

 

赤ちゃんの背中スイッチはなぜ発動するの?

 

では、なぜ背中スイッチが発動してしまうのかですが、理由は赤ちゃんのみが知ることではあります。

 

ただ、理由として考えられるのは、寝たと思った赤ちゃんの眠りがまだ浅かったからということ。

 

これに加えて、せっかくママに抱っこしてもらって、暖かい腕の中気持ちよく寝ようとしていたのに、布団に降ろされたことで姿勢が変わったり感触が違ったり、なにより冷たい布団が背中に触れたことによる温度の差で、背中スイッチが発動してしまうのです。

 

要は、赤ちゃんがママから離れるのが寂しくて、嫌だからなのです。赤ちゃんはママが大好きなのですね。

 

背中スイッチを押さずに布団に降ろすコツ!

 赤ちゃん

 

それでは、背中スイッチ発動阻止して、赤ちゃんを起こさずに布団に着地させるミッションを遂行していきましょう。ここではミッションを完了させるためのコツを紹介します。

 

赤ちゃんが熟睡するまで待つ

背中スイッチ発動の原因として、赤ちゃんの眠りがまだ浅かったからということが挙げられますから、まずは赤ちゃんが、完全に眠るまで頑張ってみましょう。

とはいえ、眠りが浅いか深いかなんて、ぱっと見分からないですよね。目安として、赤ちゃんが寝たかな~と思ってから、もう数分というところでしょうか。

私は、子供が寝入ってから、更に5分くらい抱っこしていました。

 

布団を温めておく

暖かい状態で抱っこされていたのに、冷たい布団に降ろされたら、それは嫌ですよね。特に冬場などは、赤ちゃんの布団をあらかじめ温めておくのも良い方法です。

あまり温めすぎてしまうと、暑いので人肌くらいがベストですね。

 

赤ちゃんの身体を包んでおく(おひなまき)

赤ちゃんを、おくるみやバスタオルでキュッと包んでみましょう。くるみ方は、手をまっすぐにして動かないようにします。足は自然な感じで曲がるようにしておいて下さいね。

おくるみのまま、布団に降ろせば温かいですし、キュッと包まれた体勢が赤ちゃんを安心させてくれます。

 

布団に降ろすときは頭から

赤ちゃんを布団に降ろすときは、お尻の方や背中から布団につけると背中スイッチが発動しやすいです。頭の方から、ゆっくり降ろしてみて下さい。

 

このときの私が実践してきたポイントですが、赤ちゃんを完全に布団に降ろしきるまで、ママの身体を赤ちゃんに密着させておくと上手くいきやすかったです。ママの腕は赤ちゃんのお尻にかけて抜いていきます。

 

抱っこ以外の寝かしつけを試してみましょう

 

赤ちゃんが大きくなって重くなってくると、抱っこで寝かしつけるのって、ちょっと大変ですよね。赤ちゃんの生活のリズムが付いて来たら、抱っこ以外の寝かしつけを試していくと、ママも楽になりますよ。

 

最初から布団の上なので背中スイッチも発動できませんからね(笑)

 

方法は、ママが添い寝をして歌を歌ったり、眠りを誘う音楽を流したり、背中をトントンしてあげても良いですね。赤ちゃんに合った、ねんねの方法を探してみて下さい。

 

ちなみに私は、母乳だったので添い寝しながら、授乳していました。これは賛否あるのですが、確実に寝かしつけられるので、ありがたかったです。これなら夜中に赤ちゃんが愚図っても、横になったまま対応できるので、精神的にも楽でした。

スポンサーリンク

まとめ

 

それでは、赤ちゃんの背中スイッチを発動させずに、布団に置くミッションについてまとめていきます。

 

・背中スイッチとは、眠った赤ちゃんの背中を布団に付けたとたんに起きる現象の事

・赤ちゃんの眠りが浅いと背中スイッチが発動しやすい

・背中スイッチを発動させないためには、赤ちゃんを完全に寝かせてしまうのが重要

・添い寝など抱っこ以外の寝かしつけを試すのも◎

 

上記の方法を試しても、背中スイッチが発動してしまう事もあるかと思います。

 

ガックリするし、イライラもしますよね。でも、それは赤ちゃんがママのことが大好きで離れたくないからです。そう思ったら、少し気持ちに余裕が持てますよね。

 

世の中のママさん!背中スイッチ発動阻止、ファイトです!

疲れたら、パパにバトンタッチして、身体を休ませることも忘れないで下さいね。

スポンサードリンク