息子が4月で3歳になりました。管理人のゆりです。

3歳になったら記念に行っておきたい「三才駅」。

我が家も先日行ってきました。

たくさんの3歳児ファミリーが写真を撮りに来てましたよ。

そんな三才駅の写真スポットや記念品について紹介していきます。

スポンサーリンク

三才駅

三才駅は長野県長野市にある「しなの鉄道」の一駅です。

長野駅から下り線(妙高高原行き)のしなの鉄道に乗って2駅です。運賃は240円で、6歳以上12歳未満の子どもは半額です。3歳児はタダです。

駐車場も5台分くらいは停めるところがあります。

実は私の実家は同じ長野県内なので、この三才駅という存在は知っていました。

いつか子どもができて3歳になったら来たいなーと思っていた夢が叶いました。

所在地:長野県長野市大字三才字念仏塚2207

窓口営業時間:平日 7:00〜10:00、15:00〜20:00、土休日・年末年始 7:45~17:20

 

記念撮影

やっぱりみんなのお目当ては「さんさい」と書いてある駅名板の前での写真撮影です。

インスタにもかわいい写真がたくさんアップされてました。

駅名板は駅の外にも置いてあるので、ホームに入らなくても撮影できちゃいます。

駅員さんの帽子なども貸してくれるので、駅員さんになりきって写真を撮ることもできます。

息子は頑なに拒否して駅員さんで写真は撮れませんでしたけど…

 

三才駅ではたまにイベントが開催されて三才駅キャラクターのサイまるが登場するみたいです。今年のゴールデンウィークには長野県をPRするキャラクターのアルピコも登場して盛り上があったみたいですね。

 

記念品

窓口で三才駅記念入場券290円を買うと、記念スタンプを押せる台紙と大人1人、子供1人がホームに入場できる券が買えます。

追加で入場したい場合は大人1人190円、子ども1人100円の入場券を券売機で購入すれば入場できます。

ホームに入って電車と一緒に記念撮影したり、本物の駅名板で写真を撮ることもできます。

 

ちなみに三才駅から車で3分ほどのところにデイリーヤマザキ長野徳間店があって、ここで「三才」と刻印されたホイップあんぱんが売っているので、これを買っていっしょに写真撮影するのもおすすめです。

しかもこのあんぱんとってもふんわりもちもち、甘さも絶妙で美味しいです。

まとめ

近年、CMなどで全国でも有名になって、写真撮影に来る人たちは県外ナンバーばかりでした。

しかも特にイベントも何もない日に訪れたんですが、こんな何もないローカルの駅の割にしっきりなしで記念撮影に来る人はいましたね。

そう!実はこの辺りってなーんにもないんですよ。

もちろん第一目的で三才駅に行ったんですが、観光地に行くような過度の期待はしちゃだめです。

 

でも善光寺や小布施の栗、戸隠そばに温泉地などなど信州にはたくさん観光スポットがあるので、合わせて行ってみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事