中学生のお小遣いっていくらがベストなの?大事なのはあげるタイミングと管理の仕方

中学生 お小遣い

 

子供に渡すお小遣いは各家庭で、いろいろなルールがあると思います。

ところで、今どきの中学生のお小遣い事情って、どんな感じか気になりますよね。これから、中学に進学するお子さんがいる家庭では、お小遣いについて考え直す時期でもあると思います。

 

我が家には、4人の子供がいます。1番上の長女は今、中2で、2番目の次女が今度中学生になります。我が家もお小遣いの金額などを見直す時期に来ています。

 

そこで、今回は今どきの中学生のお小遣い事情を、調査してみることにしました。

我が家のお小遣い事情も併せて紹介してみますので、お子さんにあげるお小遣いの参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

中学生のお小遣いの相場は?

中学生 お小遣い

まず、1番気になる中学生のお小遣いのお値段からいきましょうか。

世間の相場は、1000円~5000円といったところでしょうか。学年によっても変わってきますよね。

1万以上もらっている子は、ごくまれな感じですね。

長女のお友達のお宅でも、多くても5000円あるかないかですね。これに、友達と遊びに行ったりするときとかに、臨時で少しあげるというお宅もありますし、何があっても、それ以上はあげないというお宅もあります。

 

ちなみに、我が家は長女には基本3000円あげています。友達と出かけたりするときは臨時で、行先に合わせたお小遣いをあげることもあります。

また、何か手伝いをしてくれた時に何をどれくらいしたかを、1か月分記録して、それをお小遣いにプラスします。だいたい1000円~2000円ですね。

お手伝いしなかったら3000円だけです。

 

お小遣いはどんなことに使っているの?

 

さて、中学生ぐらいになると、お小遣いを何に使っているのも、パパやママは気になるところですよね。

 

これは、学年とか男女でも変わって来るかな~と思いますが、基本は、オヤツを買ったりマンガを買ったりが一般的かな~と思います。

子供によっては、あまり使わずに貯めておいて、ゲームを買ったりすることもあるでしょうね。

 

また、中学生になると友達同士で買い物に行ったり、カラオケに行ったりということも増えてきます。その時の交際費なんかも、お小遣いの使い道になりますね。

相場の項目のところでも書きましたが、我が家もそうですが、交際費は別会計というお宅も少なくないです。

 

それから、家庭によっては携帯代金もお小遣いでということもありそうですね。

我が家は、携帯代は家計から出ています。

ただし、アプリやゲームで使うお金はお小遣いからです。

 

基本、我が家はお小遣い内であれば口は出さないようにしています。意見を求められたときは、一緒に考えますけどね。これは、小学生のころから変わらないです。

 

お小遣いをあげる頻度とタイミングは?

中学生 お小遣い

さて、中学生はお小遣いをもらう頻度と、どのタイミングでもらっているのかなんですが…。

これも、各家庭で変わってきますよね。

 

例えば、1度に全額渡すと、すぐに使っちゃうからと1か月分のお小遣いを、1週間ごとに分けてあげるという方法もありますし、そうでない子なら、月の初めに渡すという方法もありますよね。

 

我が家は、夫の給料日が月末なので、子供たちにお小遣いを渡すのも、月末です。

1か月分をまとめて渡しています。

あげるタイミングは、夜、夫が仕事から帰宅してから夫から、お小遣いを渡してもらうのが恒例です。お金を稼いてきてくれているのは夫なので、子供たちに父さんへの感謝の気持ちを持ってもらいたいと思って、我が家はこうしています。

 

臨時のお小遣いは、臨機応変になりますけどね。

 

スポンサーリンク

我が家のお小遣いのルール

 

さて、中学生とはいえ、お金についてのルールはある程度決めておくのが◎です。

 

もちろん、各家庭で考え方が違うので、内容も違ってきますが…参考までに、我が家のルールを公開してみます。

 

まず、これはお小遣いをあげはじめたころから習慣にさせているのですが、お小遣い帳をつけることです。お年玉や臨時収入なんかも記入していきます。

こうすることで、何にどれだけ使ったか自分で把握できますからね。

 

また、基本お小遣いの使い道には私も夫も口出しはしませんが、5000円を超える高額な買い物は相談することと、電子マネーを使って、アプリなど課金するときは、チェックするようにしています。

 

あと、これが1番大切です。友達同士でのお金の貸し借りは、たとえ少額であってもしないように約束させています。

 

まとめ

 

それでは、中学生のお小遣いについてまとめていきます。

 

  1. 中学生のお小遣いの相場は1000~5000円くらい。
  2. お小遣いの使い道は、飲食代や交際費などが中心のことが多い。
  3. お小遣いを渡すタイミングや頻度は各家庭のベストタイミングで!
  4. お小遣いやお金についてのルールは決めておくのが◎

 

中学生にもなると、お小遣いの使い方も個性というか、それぞれ違いが出てきますね。

ここでは、お小遣いをあげる場合の内容になっていますが、家庭の方針でお小遣いはなしという場合もあるかもしれません。

各家庭それぞれの考え方、形があるものです。

 

中学生ですから、お小遣いのことは子供と一緒に考えていくのも良いことかもしれませんね。

スポンサードリンク